MENU

認定看護師

認定看護師

がん化学療法看護認定看護師 新垣 さおり

近年、がん化学療法を取り巻く医療は、急速に変化しています。化学療法薬・分子標的薬や支持療法の開発といった医療の進歩により、患者が日常生活を過ごしながら治療が継続できるようになりました。

私は、がん患者の症状や経過に関わるなかで、継続的に患者のQOL(生活の質)の向上・維持をめざして、丁寧な看護支援が重要であると思い、2013年にがん化学療法認定看護師を取得しました。

がん化学療法看護認定看護師 新垣 さおり

具体的な活動としては、

  • 化学療法マニュアルの改訂
  • 抗がん薬曝露に関する教育(患者・医療者)
  • 患者・家族への心理的サポート(乳がん『しあわせの会』継続)
  • 院内スタッフへの教育(新薬による治療や複雑な治療法)
  • 患者・医療者への副作用予防と早期発見の啓蒙
  • チーム医療の強化

これらの活動を通して、化学療法が治療の選択肢となる患者・家族の治療決定の過程から、化学療法薬の投与管理、治療中、治療後の中で行われる専門的な看護支援を提供できるよう自己研鑽につとめていきたいと思います。

ページの先頭へ