徳洲会 伊良部島診療所 診療案内

徳洲会 伊良部島診療所HOME > 診療案内 > 外来と病棟の様子

外来診療の様子

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子01

院長の宮原です。九州弁で頑張っています。
対馬など離島で診療した経験を多く積み、全科にわたる診療をしていますが、胃カメラ、大腸カメラ、全身麻酔は特に専門的に行うことが可能です。

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子02

泌尿器科専門外来です。尿が出にくい患者さん、尿の回数の多い患者さんなど泌尿器に関して御心配があれば、何でもご相談ください。

患者さんの尿を遠心分離器にかけ、尿の中身(沈渣)を顕微鏡で観察しながら診療を行います。尿管結石や腎結石の場合は、宮古島徳洲会病院で体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行うこともできます。

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子03

トリガーポイント注射を行っています。
サトウキビなどの畑仕事や追い込み漁などで体を酷使することの多い島の方々にとっては大切な治療です。

負担の積もった筋肉の圧痛点(押さえて痛みを感じる部位)をトリガーポイントといい、鍼治療でのいわゆるツボに一致します。
トリガーポイントに局所麻酔薬を注射することにより辛い痛みを軽減します。

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子04

問診です。
来院の理由をお聞きし、血圧や体温を測定します。

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子05

外来処置室です。
筋肉注射、採血検査、吸入療法などを行います。

徳洲会 伊良部島診療所外来診療の様子06

観察室です。
点滴をしたり経過観察をしたりします。

病棟の様子

徳洲会 伊良部島診療所病棟の様子01

大部屋が4部屋、個室が3部屋あります。
安心して入院していただけるようにと心がけています。

徳洲会 伊良部島診療所病棟の様子02

トイレは車いすで入れます。

徳洲会 伊良部島診療所病棟の様子03

病棟は3階です。
サトウキビの向こうにコバルトブルーの海を望みます。

このページの先頭