医療法人 沖縄徳洲会 中部徳洲会病院の看護部からのメッセージ

看護部トップページ > 理念・方針 > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

技術と知識を磨き、専門性を高める。患者様の信頼を得られる看護を目指してー。

確かな基本技術で安心・安全な看護を。

中部徳洲会病院は、平成28年4月1日に新築移転しました。
患者様や地域住民からの声を通じて、新病院に対する地域からの期待の大きさを強く感じました。新病院の機能を十分に活用し、医療の原点である救急から地域医療に至るまで、より質の高い看護を実践し、地域の皆様から信頼される病院を目指していきます。
その中でも重視しているのは“基本”です。
基本技術を大事にして安心・安全な看護の提供に努めるとともに、接遇にも力を入れ信頼される看護を目指します。

専門性を重視し、認定看護師や専門看護師の育成にも注力。

また専門性の向上にも力を入れていきます。当院は現在7分野・計9人の認定看護師が在籍しており、熟練した看護技術と知識を用いて高水準の看護を患者様に提供できるようにしています。専門・認定看護師としてスキルアップできるよう、奨学金制度があり、全面的に病院がバックアップしていきます。
今後もより多くの分野で認定看護師や専門看護師の育成を推進していきたいと考えています。

かけがえのない命を守るために、最大限の努力を。

看護はかけがえのない人の命を大切にする仕事です。人としての尊厳を守り、暖かい心で看護を提供させていただくことを自覚し、一人一人の看護師が知識・技術を高め、患者様の為に最大限の看護が発揮できることを日々の目標としています。

平成28年10月1日
中部徳洲会病院 看護部
看護部長 大村 恵美子


このページの先頭