カテーテルアブレーション(不整脈根治治療)

カテーテルアブレーション(不整脈根治治療)

カテーテルアブレーション
(不整脈根治治療)

医療サービストップ

不整脈とは

心臓は、血液を送るポンプの働きをしている「心室」と全身の血液が戻ってくる上の部屋「心房(上室)」があります。通常、心臓は1分間に60~100回、規則正しいリズムで心房ー心室と拍動を繰り返して、全身に血液を送り出しています。この孫像のリズムは、心臓のてっぺんにある洞結節と呼ばれる司令塔から心臓に「収縮せよ」という命令(電気刺激)が送られ、調節されています。

不整脈には、①期外収縮 ②発作性頻拍症 ③粗細動 などがあります。

① 期外収縮とは
心洞結節以外の部位から異常電気刺激が起こる不整脈で、正常な脈と脈の間に発生し「脈が飛ぶ」「胸がドックン」「胸がキューツ」などの症状を自覚することが多いようです。期外収縮は、心臓の基礎疾患がなく、自覚症状がない場合は治療の対象にはなりません、しかし、期外収縮の数が多く「どうき・息切れ」「不安感・恐怖心」などの症状によって、眠れないとか仕事に集中できないなど「生活の質」の低下を招いたり、「頻拍症」を引き起こす危険性がある場合は治療が必要です。
② 発作性頻拍症とは
「ドキドキドキ」と胸の強い拍動を自覚し、突然脈が速くなるものです。心臓が勝手に暴走した状態で、持続時間が長い場合は心臓の疲労を引き起こし、心不全の原因となります。「めまいや失神・強い胸部症状」を伴う場合やWPW症候群(突然始まる、規則的な動悸発作)という先天異常に伴う場合は、命にかかわることもあり緊急的な処置を要します。
③ 粗細動とは
心臓のリズムが全く不規則になる不整脈です。心室性(細動)の場合は、心臓がけいれんする状態で「突然死」を招く最も危険な不整脈です。一方、心房細動(心房内で異常な電気刺激が発生し、心房がけいれんを起こした状態)は、日常的によく遭遇する不整脈です。脈がバラバラとなり、「胸苦しさ・胸の圧迫感・恐怖感」など、かなり強い症状を自覚する人もいれば、全く無自覚の人もいます。この不整脈の問題点は、症状の強さに関係なく心不全や脳梗塞を起こす可能性が高いことです。

ページの先頭へ