腹部・胸部大動脈瘤治療

腹部・胸部大動脈瘤治療

腹部・胸部大動脈瘤治療

医療サービストップ

腹部・胸部ステントグラフト内挿術

ステントグラフトと呼ばれる、大動脈瘤の血管内治療が当院でもおこなえるようになりました。

大動脈瘤とは、高血圧・高脂血症・動脈硬化・喫煙などが原因で、血管が風船のように膨らんでいく病気です。大動脈瘤が破裂すると死亡率は80~90%にも上ると言われています。この病気はほとんどが無症状で、検診やエコー検査中に偶然発見されることが大半です。

今までの大動脈瘤の治療は、胸部あるいは腹部を切り開いて動脈瘤を切除し、人工血管を縫いつける「人工血管置換術」が一般的です。しかしこの手術は、大きな傷を必要とするため、体への負担が非常に大きく、高齢者や心肺機能の弱っている方には耐えられる手術ではありませんでした。

ステントグラフトとは、ばねの付いた広がる人工血管で、これを圧縮して細いカテーテルの中に収納してあります。足の付け根を3~4cm切開して動脈内にカテーテルを挿入し、動脈瘤のある部分でステントグラフトを広げます。ばねの力で血管に密着し、動脈瘤への血流を遮断します。

血管内でのカテーテル操作だけで治療が終わりますので、術後の回復も早く、翌日には食事・歩行が可能となります。

いままで動脈瘤を指摘されていても、手術することに抵抗を感じている患者様は多いと思います。しかし、ステントグラフトは体への負担の少ない治療ですので、ぜひ一度相談に来て下さい。
大動脈瘤といういつ破裂するかもしれない爆弾を抱え、不安な毎日を過ごされている患者様の福音となればと思っています。

腹部大動脈瘤CT

腹部大動脈瘤 3DCT写真

ステントグラフト内挿術 実績

ステントグラフト内挿術 実績
  胸部(緊急) 腹部(緊急) その他 合計
2010年 2(0) 2(0)   4
2011年 7(1) 11(0)   18
2012年 8(3) 13(0) 1 22
2013年 11(4) 11(2)   22
2014年 7(1) 11(2)   18
合計 35(9) 48(4) 1 84

ページの先頭へ